一般社団法人大阪硝子工業会

  • HOME
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

情報発信室

HOME > 情報発信室
工場見学・視察

2014年11月4~10日 ヨーロッパ海外研修 ご報告

bkk
bkk
bkk

2014年11月4日~10日にフランスのバカラ博物館、イタリアのVenini社、Massimo Lunardon社を訪問いたしました。

■バカラ博物館(フランス・パリ)
バカラ博物館はパリ市内の閑静な住宅街の中にあり、 周囲には大使館や富裕層が集まるようなエリアにあります。 パリ市内の建物はみな周囲の建物と調和がとれており、町全体に統一感があります。 バカラ博物館も同様で、外観は周りの建物と同じような感じで、通り過ぎてしまいそうになるくらいです。 一方、中に入ると、エントランスは映画祭にでてきそうな赤絨毯に豪華なシャンデリアがあり、まさに別世界でした。 館内には、フランスの国王ルイ18世や、大統領、様々な著名人がバカラ社にオーダーして作らせた様々なガラス製品を見ることができました。 どのデザインも重厚感や透明度が高く、カッティング部分の輝きはとても言葉では言い表せないものがありました。

■Venini社(ベネチア・ムラーノ島)
ベネチア観光は主に本島のサンマルコ広場周辺になりますが、Venini社は本島の北側のムラーノ島にあります。 ベネチアンガラスは工芸技術の流出を防ぐ目的で、技術者をムラーノ島へ隔離したという歴史があります。 そのため、今でも小さな島に多くのガラス工房が建ち並んでいます。 Venini社の玄関はアトリエのようになっており、様々な作品が展示されています。 その中には、安藤忠雄氏がデザインした照明もありました。奥には作業場があり、一連の工程を見学することができました。 ブロー成形では、窯の中から水あめのようにドロドロにとけたガラスをパイプに巻き取り、 それを窯から出してパイプを回したり、コテのようなもので成形しながら形をつくっていく様子をみることができました。 長いパイプを軽々とバトントワリングのように回す様子は、素人がみても圧巻させられました。 一見簡単に回しているように見えましたが、パイプは10kgくらいあるとのことで、 とても重労働できつい作業ということがよくわかりました。作業は2人1組で作業を行っており、一人がブローし、 それを時々先輩職人が確認したり、また次の作業の準備をするなどしていました。作業時は言葉を掛けながらというより、 阿吽の呼吸でお互いの作業をよく見ながらタイミングを合わせて行っているようでした。

■Massimo Lunardon社(ベネチア・ヴィチェンツァ)
ベネチアの中心地から車で1時間くらいの郊外にあるMassimo社を訪問しました。 Massimo Lunardon氏が開いた工房で、14歳からガラスの製作に携わっておられます。 Massimo社の製品は手のひらに収まるサイズくらいのものが多く、デザインもユニークでとてもかわいいのが印象的でした。

■最後に
イタリア人は陽気でおしゃべりで、仕事もゆっくりっといったイメージがありましたが、 この工房での様子をみる限りでは全くイメージと違っていました。みなさん一言も話さず真剣に作業をされており、 一人一人が責任感を持って自分の仕事に徹しているのがよくわかりました。 ベネチアングラスの技術は、こうやって長く伝承され続けてきたんだなと実感することができました。



参加人数 7名
ページの先頭に戻る
展示会報告

2014年10月22~23日 大阪勧業展出展 ご報告

bkk
bkk

2014年10月22日~23日にマイドーム大阪にて開催された大阪勧業展に出展いたしました。 多種多様な製品・商品が出展され、2日間にわたり活気ある展示会となりました。

大阪硝子工業会としては初めての展示会共同出展で、当会員10社が参加いたしました。 初日は小雨降る中ではありましたが、多くの方にお立ち寄りいただきました。 ご来場頂きました方々にはこの場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

皆様から頂いた声を参考にさせていただき、魅力ある商品づくりに今後活かしたいと思います。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

下記社名をクリックすると、各社のパネルをご覧いただけます。
株式会社赤川硬質硝子工業所
浅井硝子株式会社
五鈴精工硝子株式会社
磯矢硝子工業株式会社
オーエムジー株式会社
大和特殊硝子株式会社
日本精工硝子株式会社
株式会社プレミアムグラス
株式会社丸山工業所
株式会社山村製壜所




ページの先頭に戻る